大型犬も楽しい!テラスで夏はプールも置けて水遊び!

 

所在地 神奈川県 葉山町
施工期間 1ヶ月半
外構 リフォーム外構
ご依頼までの過程 お問い合わせフォームからのご依頼
希望(お悩み) 大型犬が思いっきり走り回れるお庭にしたい。

 

施工前

※画像クリックで拡大致します。

施工前は、木や草が無造作に生えていて、大型犬が走るには狭く、圧迫感がありました。

CAD完成予想図

高低差でエリア別の空間をデザイン。こちらをご提案させて頂きました。

テラス完成

高いエリアにテラスを造る事によって愛犬達が下で走り回っている様子を見渡せる眺めの良いテラスが完成致しました。

テラスの左側には階段があり、反対側は階段の無い上り坂になっています。

愛犬達が上り下りが簡単にでき、行き止まりが無いことで、追いかけっこを存分に楽しめますね。

完成その後、プール編!!

 

 

お庭が完成したその後の写真を頂きました。

大きなプールで水遊びを楽しんでいる様子が可愛い~♥

お庭で沢山走った後は冷たいプールでクールダウン🌊

 

【犬が熱中症になる原因】

犬が熱中症になる原因は、犬が汗をかける場所は肉球部分だけなので、人間のように全身で汗をかいて体温を下げることができません。
そのためハアハアと「パンティング」と呼ばれる呼吸によって、体温を下げようとします。しかし気温・湿度が上昇すると、パンティングをいくら行っても熱を放散できなくなり、体温が下がらないのです。
また、犬は人間よりも地面に近いところで過ごしています。そのため温度が上昇した道路の熱を、もろに受けてしまうことも熱中症になりやすいのです。

【被毛が厚い犬種は熱中症になりやすい!】

また、寒い地域である北方原産の犬も被毛が厚く生えているため暑さには弱いです。犬種はシベリアンハスキーやサモエド、セントバーナード、ニューファンドランドなどです。

被毛が厚い子は注意してあげましょう。

【対策】

・こまめな水分補給

・猛暑日をさけてのお散歩、【真夏は、地面が熱くなる前の早朝や、夜間(夕方の時間帯は昼間の熱がまだ地面に残っています】

・身体を冷やしてあげる(水遊びや、プールなど)

愛犬が夏を快適に健康に過ごせる対策を心がけましょう。

【ガーデンコンシェルジュ独自の施工】

ガーデンコンシェルジュ『ワンsmile』愛犬のお庭では、愛犬が快適に過ごせるように様々な工夫で施工してまいります。

犬を知り尽くした専属のプランナーが愛犬目線設計でデザイン致します。

お庭に日陰の部分を造ってあげる対策はもちろんの他、オシッコ臭などに困っている飼い主様のために、弊社独自の防臭効果のある対策も行っております。犬が口にしちゃいけない植栽なども沢山ございますから、愛犬の安全や外構の見栄えなども考えデザインしていきます。

O様邸の愛犬達のご紹介

エレン(ゴールデンレトリバー)🐶
JJ(ニューファンドランド)🐶
タバサ(ニューファンドランド)🐶

 

これからも愛犬達と素敵なお庭ライフを楽しんで下さい。

 

横浜市の外構工事・エクステリアならガーデンコンシェルジュ