本文へジャンプ

 曲線で流れるようなデザインの、やさしい門周り。

 相模原市 U様邸

施工情報

大島 直也

担当プランナー
大島 直也

施工期間
2週間
施工費
120万

     既存の柔らかなデザインが印象的だった洋風外構。

     その雰囲気を崩さないよう気をつけてデザインし、

     統一感のあるエクステリアになりました。

 

施工前

 お庭に面する既存のウッドフェンスを撤去して目隠しがほしい
 カイガラムシがついてしまった樹木を整備したい

施工中

 最終図面をもとに施工が進められます。リフォームの場合は既存の外構も図面に取り込む事で
 仕上がりイメージが分かりやすくなり、施工もスムーズに進めさせて頂けます。

 

完成

 既存の可愛い門袖が印象的で
 今回新設する袖壁とのアールバランスを一番に考えプランしました。
 各袖壁の間には、高さを変えながらアルミ角柱を取り入れ、
 さらに常緑樹を配置して全体的に目隠し性を考慮。
 お客様と納得いくまで打合せを重ねて、一緒に作り上げることができ
 私にとって、とても思い入れのある現場になりました。

  •  photo_01:レンガ笠木のアール袖壁と木目調のラッピングがされたアルミ角柱で、可愛くまとまりました。
  •  photo_02:シンプルな塗り壁パターンと高さを変えた角柱。
  •  photo_03:左から常緑ヤマボウシ・トウネズミモチ トリカラー・ソヨゴ。
            常緑樹を取り入れ、自然な目隠し効果に。
  •  Photo_04:後付照明で植栽をライトアップ出来ます。
  •  Photo_05:ご主人様ご希望のウォールシェルフ(棚板)も設置。小物や鉢を置いても可愛いですね。
  •  photo_06:モザイクタイルをベースにポイントで
            手書き風(メキシカン調)タイルを貼りました。
            目隠しとして視線を遮りつつ、風通しも確保できるルーバーフェンスを設置。
  •  photo_07:お庭側の袖壁に合わせて、境界壁も同じタイルで統一しました。
  •  photo_08:お気に入りのアクセントタイル
  • Webからのお問い合わせ