本文へジャンプ

 白い塗壁の建物と天然木の門周りが印象的なエクステリア

 横浜市 M様邸

施工情報

担当プランナー
三橋 康

施工期間
1か月
施工時期
2012年10月

         シンプルなデザインの建物に

         ハードウッドでまとめた門周りや目隠しが

         よいアクセントになりました。

施工前

 建物が道路に近いので限られた庭スペースを有効に使いたい。
 玄関までのアプローチはスロープにしたい。

 完成イメージ図面

 お客様とのお打合せをもとに作成します。

 天然木はその特性上、そりやひび、色褪せなどの経年変化が発生します。
 それが天然木の味わいでもございますので
 ご理解頂いた上でご提案させて頂いております。
 施工後のメンテナンスに関してもご説明させて頂きますのでどうぞご相談下さい。

施工中

 かなりボリュームのある木工事の現場でしたので
 目隠しフェンスの隙間や半透明のポリカーボネートを入れた窓の部分の造作など
 細かい部分に気を使って作業を進めていきました。
 最終的にまとまりのある綺麗な現場に仕上り、お客様にも喜んで頂けました。

完成

 道路と建物の距離が近いそのスペースを
 どんな風に有効活用するか、という点がポイントでした。
 目隠しもしっかり出来て、尚且つ日差しをさえぎらないような検討をしながら
 最終プランにたどり着きました。
 試行錯誤した結果、良い現場に出来上がってお引渡しとなりました。

 *各画像はクリックすると拡大してご覧いただけます。

  •  photo_01:門柱にはパーゴラを設置して、門周りとしての存在感を強調しました。
            玄関が奥にあるので、良いシンボルにもなっています。
  •  photo_02:玄関まではゆるいスロープをつくって段差をなくしています。
            玄関を通り過ぎて更に奥へ進むと、駐輪スペースになります。
  •  photo_03:車庫側からもウッドデッキを玄関までのアプローチとして利用出来ます。
  •  photo_04・05:建物と道路の間を思い切って全部ウッドデッキスペースに。
             目隠しも必要なため植木がそれ程入れられないので使えるスペースを最大限に確保しました。
             デッキ下の部分は雑草除けにもなります。
  •  Photo_06・07:目隠し部分から少しでも日差しを取り込みたい、
             という考えから出来上がったポリカーボネートの窓。
             程よく目隠しも出来てデッキ部分から建物内部まで明るさを確保することが出来ます。
  •  Photo_08:駐車場に設置した車止め。通常はコンクリートの製品を使いますが、
            今回は「ピンコロ」にてオリジナルのものを作成しました。
  •  photo_09:御家族のメモリアルプレート。カラーモルタルに
            皆さんの手形を押していただき、一生の記念に。
  • お客様の声

    横浜市 M様

     特にウッドデッキは子供たちがとても喜んでおり、家に入るときも玄関を使わずにウッドデッキを使ったりし ています。仕上がりも満足しています。
    Webからのお問い合わせ