本文へジャンプ

 かたくりの里@城山町川尻字小野

 相模原市が政令指定都市になり現在、緑区川尻の新住所ではありますが

 『かたくり』 と言えば旧住所のかながわ花の名所100選でもある

 『城山町かたくりの里』 が有名

かながわ花の名所100選

  ここは1年でも3月から4月の限定期間のみ開園のため

 集中してたくさんの花ファンが訪れます

    *各画像は拡大して見られます

 入口では薄いピンクのひめこぶしがお出迎え

 早速、春の花気分にそそられます

 本日の開花を参考に中へ参りましょう!!

 散策に入るふもとではレンガの手造り薪窯があり

 山野草や陶器、地元の野菜や名産品を販売しております

 この山で採れた土器の展示なんかも

 ここはカタクリの保護地区にもなっており、その群生は1500㎡超えとも

 里山の自然を大事にまた、草花をしっかりと保護された上で整備され

 散策路には木片のチップが敷かれとっても歩きやすい工夫が

 たくさんのカメラマンが構えているその被写体は主役のかたくり

 1花はひっそりとかわいらしいですが

 散策路両脇に咲き誇る、この群生と言ったら生命力の強さを感じます

 かたくりの群れの中にはショウジョウバカマも寄り添って咲いていました

 3月の黄色かたくりはまだ1花だけでしたが4月には見ごろを迎えています

  山のつつじはすでにたくさん咲いています

 かたくりに並び鮮やかに目立った群生はミツマタ

 赤に黄色に枝先が3つに分かれているミツマタはとっても人気です

 桜やもくれん、つばきなどのいろいろな種類の樹木も同時に鑑賞出来ます

 少し地味目だけどかわいらしいお花もあるので探してみて下さい

 山野草の代表、ここではかたくりの準主役と言っても良いかわいらしさの雪割草

 他に大岩ウチワや菊咲いちげなども点在していますよ

 長寿の花と呼ばれるふっくらしたボケと山並みに植えられたほうきもも

 ゆっくり散策しながら自然に設置されているベンチで休憩も出来ます

 また、里山の景色やお花を眺めながらのお弁当は美味しい事、間違いなし!!

 期間限定のかたくりの里 2013年は4月28日(日)までです

 毎年、訪れたい里としてぜひ、ブックマークして下さいね

 

 ~ かたくりの由来 ~

 旧城山町川尻字小野のかたくりは大昔より、この地にひっそりと

 風雪に耐えて生き続けてきたそうです

 ふた昔前頃より群落を形成し、1500㎡を超え、今でもその密度と領域を広げつつあります

 言い伝えによると万葉の歌人、小野小町(おののこまち)が東北より

 移し植えた由、小野小町にちなんでこの地域が小野と言う地名になったそうです

    かたくりの一つの花の花盛り

    山すそにつみてかなしもひと茎に

    ひとつ花咲くかたくりの花

かたくり

 

スポット情報

名前
 かたくりの里@城山町川尻字小野
Webサイト
http://www.e-sagamihara.com/nature/flower/0367/
備考
≪城山かたくりの里 情報≫

【開園】
 平成25年4月28日(日)まで
 時間 08:00~日没まで

【交通】
 電車 JR横浜・相模線、京王線橋本駅より
 バス下車徒歩20分
 
 臨時駐車場無料
 
*4月21日までは臨時バスがあります*
*詳細はホームページにてご確認下さい*
神奈川県相模原市緑区川尻4307
Webからのお問い合わせ